Training / トレーニング

Training / トレーニング

Training Philosophy - トレーニングの考え方

ドッグトレーニングの考え方は、世の中にたくさんありますが、私たちはこう考えます。


私たちは、チョークチェーンや、ショック/プローン/電気/ピンチカラー、またこのタイプの、どのような他の道具を使うことは、意味がないと思っています。また、丸めた雑誌などで犬の頭をポンと叩く、犬の身体を蹴る、大声で怒鳴る、リーシュをぐいっと引っ張り上げるようなこともしません。

精神的にも身体的にも、犬を脅すような方法は、一切、私たちが行うトレーニングでは使いません。


犬が問題行動を起こす時、彼らは、何かが必要であること、またどこかバランスが取れていない、ということを私たちに伝えようとしているのです。例えば、ストレスや恐怖を感じている、お腹が空いている、どこかに痛みがある、もしくは、然るべきトレーニングがされていない
のかも知れません。



Napilialohaでは、まず最初に、なぜそのような行動が起こるのか、という原因を分析、理解した上で、犬がもっと適切な方法で問題に対処出来るような方法を教えていきます。その際、人間と犬の間に、はっきりしたコミュニケーションと信頼があれば、トレーニングの効果は、より早く出ます。


私たちは、オーナーが、もっと自分の犬を理解出来るようになり、彼らと一緒に楽しく、かつ効果的な方法でトレーニングを行うことで、beloved companion, 愛すべきかけがえのない仲間と共に、よりハッピーな生活を送れるように手助けをしていきます。


パピートレーニングから、BAT(Behavior Adjustment Training)のセッションまで、私たちが行う全てのトレーニングは、この考え方をベースに行われます。